<<日記一覧に戻る

鏡開き

 

昨日は鏡開きでしたね。
うちでも鏡餅を水に漬けて戻し、
焼いてお汁粉にして頂きました。

鏡餅を割る際に出る、餅の小さなカケラが
もったいないからと、それを炒ってお茶に混ぜたのが
玄米茶の始まりと言われています。

今では玄米を炒ったものをブレンドしていますが
香ばしくあっさりした味わいで、食事中から
おやつまで幅広くお使い頂ける普段使いのお茶です。
もちろん丹羽茶舗でも扱っておりますので
是非一度お試しくださいませ。

写真 2
新宮州三さんの朱の椀に、お汁粉が映えます。
玄米茶とも相性良いですね〜!

 

 
【年始の営業について】
丹羽茶舗喫茶室は1月15日(木)より
変わらず木、金、土で営業します。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【うつわ展示のお知らせ】
・3月14〜21日 齊藤十郎 スリップウエア展
・10月   井山三希子 展
・12月 匙屋 さかいあつし展
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【お問い合わせ】
□丹羽茶舗までメール、またはお電話でお待ちしております。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

 

 

 

 

 

 

 

日記一覧に戻る