お茶の入れ方

丹羽茶舗 おススメお茶のいれ方一覧(一人分の目安)

お茶の種類 茶葉の量 お湯の量 温度 抽出時間
煎茶 3、4g 80~100cc 約80度 約1分間
 小さじ2杯
ほうじ茶 4,5g(大さじ2杯) 150~200cc 熱湯 30秒~1分間
番茶 4,5g(大さじ2杯) 150~200cc 熱湯 30秒~1分間
玄米茶 4,5g(大さじ2杯) 150~200cc 熱湯 約30秒間
玉露  4,5g 約60cc 約60度 約2分間
小さじ3杯

お茶のいれ方<煎茶の場合>

  1. 茶葉を急須にいれ、ポットのお湯を一度湯のみに注ぎ、冷まします。
  2. 急須にお湯をいれ、1分間待ちます。待てないときはすぐにいれ始めても良いです。
  3. 湯のみにお茶を注ぎます。ゆっくり何回か分けて注いでください。
  4. 最後の一滴まで注いで出来上がり。お茶を残さず注ぎ切るのをお忘れなく。
  5. 2煎目以降は熱湯をいれて、30秒ほど待っていれてください。

 

お茶のいれ方<ほうじ茶・番茶・玄米茶の場合>

  1. 茶葉を急須にいれ、熱湯やポットのお湯を直接急須に注ぎ、30秒~1分間ほど待ちます。
  2. 煎茶と同様湯のみが2つ以上の場合は均等に注ぎ、1つの場合も何回かに分けて注ぎいれてください。最後の1滴までいれましょう。
  3. 煎目でほぼ成分は出てしまいますが、2煎、3煎とお好みで楽しむのも良いと思います。

お茶のいれ方<玉露の場合>

煎茶と基本的に同じですが、茶葉の量とお湯の温度にご注意ください。

茶葉は多めに、お湯はぬるめに。

3煎、4煎と少しずつお湯の温度を高くして変化をお楽しみください。