<<日記一覧に戻る

新宮さん作る現場

【次回展示】7月12日〜20日 新宮州三 夏のうるし展

 

 
早いもので来週土曜日から新宮州三さんの個展スタートです!

新宮さんはベースとなる木地を自分で削り
それに漆で塗りを施しています。
漆の世界は分業が主流ですので、一貫して作っていることが
新宮さんの個性として器に色濃く表れています。

京都市内といっても山がすぐ近くの環境で作っています。
山の近くだからこそ、木のことがより深く分かる。
それが見えないかたちになって器の魅力に繋がっている気がします。

 

工房の外、器になるのを待つ木。
ここで数年寝かされます。
IMGP3364

くりものを作る途中。鉢でしょうか。
こうやって塊から削っていくことで
器にも力強さが宿りますね。
IMGP3365

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【2014年 うつわ展示スケジュール】
7月12日 〜 20日  新宮州三   展
※12 、13日は新宮さん在廊予定
□10月11日 〜 18日 阿南維也   展
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【お茶教室情報】
○7月7日(月)大分市内「工藝きもの こいきや」さんにて
13時30〜14時30 参加費1,500円(抹茶、菓子付)
※満席になりました。ありがとうございます!
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

 

 

 

 

 

 

日記一覧に戻る